駿河 荻氏館



お城のデータ
所在地 静岡県富士市北松野
遺 構 曲輪、土塁
形 式 居館 築城者: 荻氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
( 北面の大土塁 )

 荻氏館は、富士川の支流有無瀬川左岸に面した北松野地区の中央部に築かれている。 居館の西方にある神明社背後の城山には、詰の城である北松野城が築かれていた。

 荻氏館は、古図に拠れば約100四方の単郭方形の縄張りで、北松野城側の西に表門、東に裏門を設け、土塁が囲繞していた。 現在は、民家敷地・畑地・水田となっていて、幅約10m程もある館北面の大土塁(上部は畑地となっている)が残っていた。
 


歴     史

 荻氏館は、築城年代は定かでないが荻氏によって築かれた。 荻氏は、今川氏に仕え北松野・内房・厚原の地を領していた。 永禄11年に武田信玄の駿河侵攻し、翌年には今川氏が没落すると荻氏は武田氏に従い、穴山信君に仕えて本領を安堵されている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR身延線富士川駅〜バス/北松野
 車 : 東名高速富士川SIC〜県道10号線〜県道76号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県