駿河 下古城



お城のデータ
所在地 静岡県駿東郡小山町下古城字永塚
遺 構 曲輪、土塁
形 式 平城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 下古城は、馬伏川と立沢川に挟まれた舌状台地の先端部を利用して築かれてる。 現在の子之神社境内と北側に一段低くなった畑地となっている一帯が城の主郭部、両川の合流点までの水田も城域であったと推定されている。 神社境内には僅かであるが土塁の遺構が残っていた。 


歴     史

 下古城は、築城年代や築城者は定かでないが、戦国時代に北条氏の家臣黒石玄蕃頭が在城していたが天正18年に退去したと伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR御殿場線足柄駅〜徒歩約30分
 車 : 東名御殿場IC〜国道138号線〜県道150号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
j川の合流点に向けて突きだした舌状台地に築かれたお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県