駿河 植松氏屋敷
        (樋代官屋敷)


お城のデータ
所在地 静岡県富士市厚原
遺 構 移築書院、移築門
形 式 居館 築城者: 植松氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 植松氏屋敷は、樋代官屋敷とも呼ばれ、厚原地区の愛鷹神社境内東側一帯に築かれていた。 屋敷の建物は、長屋門と書院が広見公園内に移築されている。 表門の長屋門は江戸時代末期の建立ものだが、用水を管理した代官の格式を物語る建物だった。


歴     史

 植松氏屋敷は、築城年代は定かでないが植松氏によって築かれた。 植松氏は、文治2年に植松信継が潤井川から分水した鷹岡伝法用水を開いて以降、代々用水路を管理した樋代官を務めた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線富士駅〜バス/富士北郵便局
 車 : 東名高速富士IC〜県道414号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
鷹岡伝法用水を管理した樋代官を務めた植松氏の居館。
  • 植松氏屋敷建物の移築先
    広見公園 静岡県富士市伝法

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県