伊豆 山中城



お城のデータ
所在地 静岡県三島市山中新田
遺 構 曲輪、土塁、横堀、土橋
形 式 山城 築城者: 北条氏康 築城年代: 永禄年間


見 ど こ ろ
( 障子堀の西の丸堀
( 西の丸から見る西櫓出丸)

 山中城は、箱根外輪山の外側中腹に位置し、北・西・南の三方が渓谷に囲まれた要害の地に築かれている。 しかも、山中城三の丸と出丸との間には箱根八里を越えた東海道が通り、交通の関門でもあった。

 山中城の縄張りは、最高所に本丸を置き、西側に伸びる尾根筋に二の丸(北条丸)・元西櫓・西の丸・西櫓と連郭式に曲輪が並ぶ。 本丸の北に続く尾根筋には北の丸、本丸から南に伸びる尾根筋には三の丸・南櫓、そして石畳の東海道を隔てて岱崎出丸が設けられていた。

 山中城の特徴は何と云っても曲輪を囲繞する堀にこれでもか、これでもかと云うほどに設けられた畝堀・格子堀だろう。

 畝堀・格子堀とはどんなものかは、写真や書籍から知ってはいたが、実際にこの城で見たとき、「おおっ〜これが・・・」そんな感動がこみ上げてきた。 本丸と二の丸の間、西の丸、出丸の岱崎丸の堀で見られ、特に西の丸堀が見事だ。

この城が、秀吉による小田原攻めの時、わずか半日で落城したなんて信じられない。 例え、秀吉の大軍に攻められたとしても、少なくても 半月や一月は十分に持ちこたえられたと思うのは、北条氏政と私だけか。 


歴     史
( 二の丸虎口と土塁 )
( 本丸北側の空堀 )

 山中城は、永禄年間に北条氏康によって築城された。 山中城は東海道の関所としての役割も果たし、小田原城の西の境目の城として、また伊豆・駿東の韮山城や足柄城との繋ぎの城として重要な城であった。

 永禄12年に武田信玄が甲相駿三国同盟を破棄して駿河へ侵攻を開始する。 この時に韮山城と山中城が武田氏に攻められているので、山中城は永禄10年頃までには築かれていたと考えられている。

 武田氏滅亡後、天正15年には北条氏は天下統一を目指す豊臣秀吉との緊張が高まると、重臣松田康長を山中城の城代として入れ城の普請を命じている。

 天正17年、壬生義雄に命じて岱崎出丸を含む大規模な改修が行われた。 この普請は翌年まで継続して行われたが、未完のまま豊臣氏との開戦となった。

 天正18年、豊臣秀吉による北条征伐の始まる。 山中城は、小田原城防衛の最前線となり、城代松田康長の他に援軍の北条氏勝・間宮康俊・朝倉重高ら4千の将兵が豊臣方の大軍を迎え撃った。 しかし、徳川家康・豊臣秀次を主力とする総勢七万の大軍の前には為す術もなく僅か半日で落城してしまった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線三島駅〜バス/山中城趾
 車 : 東名沼津IC〜伊豆縦貫道三島塚原IC〜国道1号線
駐車場: 山中城の無料駐車場(50台程度)を利用。


ひとくち MEMO
小田原城の西の押さえとして、また要衝箱根を守るためのお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ 三島市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県