大和 信貴山城



お城のデータ
所在地 奈良県生駒郡平群町信貴畑
遺 構 曲輪、石垣、土塁、堀切、空堀
形 式 山城 築城者: 木沢長政 築城年代: 天文5年


見 ど こ ろ
( 松永屋敷の虎口 )
( 松永屋敷西側の土塁 )
( 西尾根曲輪群の虎口 )

 信貴山城は、大和と河内の国境に位置する生駒山地南端部に近い高安山と峰続きの信貴山の雄嶽と雌嶽を中心に築かれいる。 山頂からは大和国中から河内南部を一望でき、河内から大和へと入った勢力がこの城を重視するのも頷ける。

 信貴山の中腹にある信貴山朝護孫子寺から同寺空鉢堂が建っている雄嶽まで約20分、ひたすら登る。 空鉢堂のある場所が、信貴山城の本丸跡で、山頂から連郭式に二段の曲輪が配されここに城石碑が立てられている。

 信貴山城は、この主郭部を扇の要として雌嶽(ここにも単純な曲輪がある)南側を除く三方面へと放射線状に伸びる尾根筋にそれぞれ曲輪群が連郭式に構築された大規模な縄張りとなっている。 

 中でも「立野殿屋敷」から「松永屋敷」のある曲輪群がこの城の実質的な中核部と云える。 久秀の居館が設けられたとされる「松永屋敷」は、6段の主要な曲輪が連郭式に並び、その曲輪群の東西の斜面にも腰曲輪群がが配されている。 曲輪の周囲には土塁が囲繞し、虎口が東側に向けて開かれていた。

 「松永屋敷」のある尾根から谷を隔てて西側に南北に伸びる支尾根に築かれた曲輪群は、腰曲輪の数などは松永屋敷と比べて劣るが、雄嶽とは二重の堀切で遮断して数段の曲輪を設け、長大な曲輪の先端部には土塁とその北側には深い大堀切が設けられるなど、山城好きには魅力的な曲輪群と云えるだろう。

 高安山からのハイキング道から来ると信貴山城の水の手へと城内へと入ることになる。 丁度雄嶽から西へと伸びる支尾根に配された曲輪群が西からの侵入への備えとなっていた。


歴     史
( 支尾根曲輪群の堀切 )
( 支尾根曲輪群の大堀切 )

 信貴山城は、楠正成が築いたと云う伝承があるが定かではないが、河内から大和へと侵攻した軍勢がしばしば信貴山に陣所を構えている。 長禄4年に龍田城を攻めた龍田合戦に敗れた畠山義就が信貴山に逃れている。

 天文5年に木沢長政が信貴山に本格的に築城した。 長政は、河内守護畠山義宣(畠山義就系)の被官で河内飯盛山城を居城としていた。 元主家畠山家を傀儡化して河内と大和へと勢力を拡大を図る拠点として信貴山城が築かれた。 しかし、天文11年に細川晴元・三好長慶と河内太平寺の戦いで討死し、信貴山城も落城している。

 永禄2年、三好長慶の家臣松永久秀が大和に侵攻して筒井順慶を居城筒井城から追い、摂津滝山城から信貴山城へと居城を移し、この城を今に残るように完成させた。

 大和を実質的な領国とした松永久秀は、永禄3年に多聞城を築いて南都の押さえとし、信貴山城を詰の城とし筒井順慶との大和の覇権をめぐる争いの拠点としている。 

 松永久秀は、一時織田信長に臣従するが、天正5年に再び信長に反旗を翻し信貴山城に籠もる。 織田信忠を大将とした信長の大軍の前に、名器「平蜘蛛の茶釜」と共に久秀は城と共に滅び去った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線王子駅、近鉄生駒線信貴山下駅〜バス/信貴大橋
 車 : 西名阪柏原IC〜国道25号線〜県道236号線
駐車場: 信貴山朝護孫子寺前の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
戦国の下克上の申し子、松永久秀の居城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県